「城山三郎『指揮官たちの特攻』」

 一昨日、三橋國民先生の作品展を見た後、無性に、本書が読みたくなり、手に取った次第です。

 本書は、城山三郎の晩年ともいえる2001年、『小説新潮』の5月号から8月号に連載したものに加筆したドキュメント・ノベルです。

 そこでは、特攻隊第1号、関行男大尉と最後の特攻隊員、中津留達雄大尉が対比して描かれています。

 その中で、さまざまな特攻兵器が紹介されていましたが、「伏龍」には参りました。
 それは、「機雷を棒の先につけて持ち、潜水服を着て、海底に縦横50メートル間隔で配置される。(改行)敵艦船が来たら、その棒を敵艦の艦底に突き上げて、爆発させる。(改行)もちろん、当人も、周辺に配置された隊員たちの命も、一挙に吹っとぶ。」
 このような兵器を使用した帝国海軍とは、どのような組織なのか。

 これを法学的に考えれば、帝国海軍は、法実証主義の考えにあったといえます。つまり、戦術として成立すれば、自軍の兵士がいくら死のうが可能だというのでしょう。
 それに対して、自然法の考えを取り入れれば、いくら戦術として成立しようと、自軍の兵士の生命を考えれば、絶対に成立しない戦法でした。