「苅部直(東京大学法学部)教授」

 政治学者でありながら、小説・アートまで幅広いジャンルの書評を手がける苅部直東京大学法学部)教授が、「読書は未知への旅」と題して、人文書の魅力を語っています。⇒http://book.asahi.com/reviews/reviewer/1010.html
 いわく、「知らないことにふれ、わからないことがすっきりするのは本能的な快感ではないでしょうか」。
 同教授は慶大法学部「日本政治思想史」の講義も担当されましたが、2013年度のシラバスには次のように記していました。「この時間だけは、日本政治思想史について考えることが、就職も進学も恋愛も超えた人生の最大優先事項だと思って出席すること」。